Logo for International Law The International Human Rights Law Association
About | "Human Rights International" | Annual Meetings | English

『国際人権』公募論文規程

2009年11月14日制定

第1条 目的
 『国際人権』公募論文応募手続を明確にし,国際人権法学会の会員による応募を促進するために,この規程を定める。

第2条 投稿資格
 国際人権法学会の会員は,『国際人権』の公募論文に応募することができる。

第3条 公募論文の条件
 公募論文は,日本語で書かれた国際人権法に関係する学術的なもので,未発表のものに限る。

第4条 応募原稿の書式
(1) 応募原稿の書式は,編集委員会が別に定める『国際人権』執筆要領に従う。
(2) 執筆者が投稿する応募原稿の脚注等において執筆者自身による論文等を引用する場合,執筆者は,執筆者自身の氏名が自動的に判明しないよう,配慮しなければならない。執筆の都合上,それが著しく困難なときは,この限りではない。

第5条 応募原稿の提出
 応募しようとする者は,編集委員会の定める期日までに,公募論文応募原稿を編集主任宛に提出する。電子メールによる場合は、編集主任と同時に編集副主任にも原稿を送付しなければならない。

第6条 応募原稿の審査,掲載等
(1) 応募原稿は,編集委員会が審査し,掲載の可否を決定する。
(2) 編集委員会による審査は,別に定める『国際人権』公募論文審査規程に基づいて,レフェリーによる査読によりこれを行う。
(3) 応募原稿の著作権は,応募者に帰属する。

第7条 改正
 この規程の改廃等については,理事会が審議し,決定する。


©2014 IHRLA | 国際人権法学会事務局